AGA治療薬のジェネリック薬品は安全なの?副作用はないの?大丈夫なの?

AGA治療薬のジェネリック薬品がたくさんでているなかで、安全なのか?副作用はないのか?先発品より劣るのではないか?と心配になっている方もいると思います。

結論からいうと、AGA治療薬のジェネリック薬品は安全です。

心配はいりません。この記事ではその理由を解説します。

AGAジェネリック薬品はなぜ安全と言い切れるのか?

AGAの治療薬は、世界中で処方されているプロペシアが有名です。

ジェネリック薬品は、プロペシアと同じ有効成分「フィナステリド」を含み、同じ効果がありながらも、安価に購入できるのが特徴です。

先発品の特許が切れて、その後に他の製薬会社が同じ有効成分、同じ用法用量を参考にして作った医薬品です。

有効成分は変わらないということは、先発品と同じように安全といえるのです。

先発品となにも変わらないんです。

安い材料を使っているから安いわけではなく、参考にして作っているので開発費が掛かっていない分安く提供できています。

現在では、日本で製造しているAGA治療薬のジェネリック薬品もあり選択肢が広がっています。

当然ながら希望する人も多くなっています。

また、海外でもたくさんのジェネリック薬品が発売されています。

日本は安全だけど、海外のジェネリック薬品は不安という方も多いですが、日本で製造しているAGA治療薬と有効成分は同じですので安全です。

海外のジェネリック薬品を日本で手に入れるためには、個人輸入をするしか方法はありません。

もちろん、怪しいサイトから購入した場合は偽物をつかまされる可能性もあるので十分注意が必要です。

しかし、しっかりした個人輸入代行サイトで購入したAGA治療薬のジェネリック薬品は日本のジェネリック薬品より半額で購入できて効果も変わりません。

海外の拠点がある大手製薬会社で製造している医薬品が多く、実績もあるため安全といえます。

\個人輸入ならオオサカ堂/

副作用は先発品と比べてどうなの?本当に無いの?

副作用は、先発品と同じです。

基本的に、副作用は配合されている成分で発症します。

ジェネリック薬品は、先発品と成分が一緒ですので同等の副作用となります。

医薬品ですので、副作用のリスクは避けられません。

例えば、プロペシアのジェネリック薬品だと、フィナステリドが有効成分になります。

フィナステリドの副作用には、肝機能障害をはじめ、性欲減退やEDなどの男性機能低下があげられています。

副作用が発症するのは稀ですが、副作用が現れる可能性はゼロではありませんので、服用後に異常を感じた場合は、かかりつけの医師に相談しましょう。

また、男性のみ服用が可能で、二十歳未満の服用、女性は服用できません。

女性が服用したり、薬に触れた場合は、重篤な副作用を起こす可能性もありますので注意しましょう。

 

ジェネリック薬品って大丈夫なの?

ジェネリック薬品は大丈夫です、なにも問題はありません。

日本のAGA治療薬のジェネリック薬品は、ファイザーのフィナステリド錠をはじめ、沢井製薬、東和薬品などがプロペシアのジェネリック薬品を発売しました。

大手製薬会社が製造しているので、安心してお使いいただけます。

また、日本のジェネリック薬品は先発品のプロペシアの7割~5割程度と、かなりお得に購入することができます。

ジェネリック薬品が登場したことで、AGAに悩んでいたけど、これまで高くて治療ができなかった方にも治療が始めやすくなりました。

AGA治療では、効果を得るために継続してAGA治療薬を服用する必要があります。

ですので、一回あたりの治療費はなるべく安く抑えるのが堅実的です。

プロペシアと同様の有効成分があるジェネリック薬品で、AGAを治療していくことをおすすめします。

 

\オオサカ堂で送料無料でGET/

おすすめの記事