AGA治療薬にはジェネリック薬品と呼ばれる、先発品と同等の有効成分・効果を持ってるのにも関わらず安い薬品があります。そのジェネリック薬品を輸入代行しているのがオオサカ堂です。

この記事では、AGAジェネリック薬品のことをどこよりもわかりやすく書きます。どうぞ最後までお読みくださいませ。

AGA治療薬は先発品よりもジェネリック薬品のほうが人気がある理由とは?

ジェネリック薬品は、現在ではたくさんの人に利用されていて安全性も立証されています。

日本製のジェネリック薬品は「ゾロ」とも呼ばれているそうです。

理由は、特許期間満了後、他の製薬会社からジェネリックが「ゾロゾロ」と登場することから、一昔前の医療関係者の間でジェネリック薬品のことを「ゾロ」と呼んでいたそうです。

まず、ジェネリック薬品の説明をします。

ジェネリック薬品とは、先発品と同じ有効成分を使って違う製薬会社で作ったお薬のことです。

安くて悪いものを材料に使っているわけではなく、お薬を開発するときの費用をかけずに中身をマネして作ることができるので値段が安く抑えられるんです。

先発品は、1015年ほどの間ずっと開発して数百億円以上の費用がかかっています。

その費用がかかっていないジェネリック薬品の値段は安くすることができています。

AGA治療薬の代表格であるプロペシアもジェネリックが薬品があります。

もちろん先発品と同じ効果があって、安い値段で購入できてお得です。

また、種類も豊富になってきました。

日本で製造されているAGA治療薬のジェネリック薬品もそうですが、特に海外のジェネリック薬品の商品数はとても多くあり製造国も様々です。

なので、先発品であるプロペシアよりもジェネリック薬品を購入する人が増えているのが現状なのでしょう。

そして、ジェネリック薬品は安いだけではないメリットがたくさんあります。

ジェネリック薬品は先発品よりも改良がされていることが多くあります。

たとえば、先発医薬品よりも錠剤が小さく飲みやすくなっている、苦味を改善して服用しやすくすることなどです。

それも人気に秘密のようです。

日本のジェネリック薬品の普及状況と価格と一般的イメージ

日本での普及状況

日本でのジェネリック薬品の普及率は68.9%と言われています。

これは海外の先進国に比べ遅れているのが現状です。

AGA治療薬のジェネリック薬品は、2015年にファイザーがジェネリックの「フィナステリド錠」を発表したのを皮切りに、沢井製薬、東和薬品などがプロペシアのジェネリック薬品がたくさん販売されるようになりました。

もちろん、今までのAGA治療で主に使用されていたプロペシアと同様の効果が期待できます。

日本製の価格

日本のAGAのジェネリック薬品は海外のジェネリック薬品に比べやや高めです。

製造販売:ファイザー株式会社

提携:マイラン製薬

フィナステリド錠 1mg「ファイザー」

シート28錠:4,300円 140錠:20,000

ボトル90錠:13,000円 180錠:24,000

沢井製薬株式会社

フィナステリド錠 1mg「サワイ」

28錠:4,300円 140錠:20,000

東和薬品株式会社

フィナステリド錠 1mg「トーワ」

30錠:4,300円 150錠:20,000

 

\オオサカ堂なら送料無料でもっと安く購入することが出来ます/

30錠2000円前後

日本のジェネリック薬品のイメージ

日本製だという安心感はとてもありますね。

海外製は怖いという方には、日本で医師の診断を受け購入できる日本のジェネリック薬品をおすすめします。

値段が少し高めなのは、安心感をお金で買う感覚です。

日本のクリニックでは海外のジェネリック薬品を取り扱っていませんので、競争率もそんなにありません。

そのため、日本で製造しているジェネリック薬品はプロペシアより安くはなりますが、劇的に安いわけではないのですね。

 

海外のジェネリック薬品の普及状況と価格と一般的イメージ

海外での普及状況

海外では、ジェネリック薬品はとても人気があり、イギリス、ドイツ、フランスなどの医療先進国では、普及率が70%.あり、アメリカではなんと90%ジェネリック薬品を使用しているんです。

海外は日本よりもはるかにジェネリック薬品の普及が進んでいることがわかります。

特に、AGA治療薬のジェネリック薬品の種類はとても多く発売されています。

世界的にも実績のある製薬会社が製造しているジェネリック薬品も数多販売されています。

しかし、日本では個人輸入をしない限りは手に入れることはできませんので個人輸入代行業者を通して購入するしか方法はありません。

AGAへの効果は、どれもプロペシアと有効成分が同じですので同様の効果を得ることができます。

 

\個人輸入代行の日本最大手はオオサカ堂です/

 

海外製の価格

海外のジェネリック薬品は、日本のジェネリック薬品よりも安く、半額程で購入することができます。

たくさん買えば買うほどお得になります。

※オオサカ堂の価格を参照 価格は変動したします。

フィナロイド1mg 1100錠】

1箱:2,788円前後($25.00)

2箱:4,862円前後($43.60)

3箱:6,914円前後 ($62.00)

フィナロイド1mg 130錠】

1箱: 1,929円前後($17.30)

\オオサカ堂で送料無料でGET/

 

フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg 1100錠】

1箱:2,933円前後($26.30

2箱:5,141円前後($46.10

フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg 130錠】

1箱:2,040円前後($18.30


\オオサカ堂で送料無料でGET/

 

エフペシア1mg 1100錠】

1箱:2,903円前後($25.80)

2箱:5,076円前後($45.10)

\オオサカ堂で送料無料でGETする/

フィナロ1mg 1100錠】

1箱:2,476円前後($22.00)

2箱:3,882円前後($34.50)

3箱:5,627円前後($50.00)


\オオサカ堂で送料無料で購入できます/

フィナバルド1mg 1100錠】

1箱:3,016円前後($26.80)


\オオサカ堂で送料無料で購入できます/

 

海外でのジェネリック薬品のイメージ

価格は安いけれども、海外のAGA治療薬は危険、偽物、副作用があるなどのイメージがあると思います。

もちろん、日本に無許可販売されていたり、個人輸入代行サイトで偽物が販売されていることもあります。

個人輸入代行サイトは、購入者が本物かどうか見極めることが大切になり不安になるでしょう。

また、購入後の使用自己責任となります。

しかし、きちんと本物を購入すれば、有効成分はプロペシアと一緒で安く手にはいります。

ということは、日本のジェネリック薬品とも成分が一緒ということです。

製造している国が違うだけで、効果は変わりませんのでお得感はとてもあるでしょう。

 

AGA治療薬のジェネリック薬品はどこで購入できるの?

AGAのジェネリック薬品は、日本でもAGA専門クリニック(大手だとAGAスキンクリニック)を受診して医師から処方してもらうことで手に入れることができます。

安心感は得られますが、価格は海外のジェネリック薬品よりとても高額となってしまいます。

また、医師から処方してもらうということは診察料も毎回かかってしまうし、通院も毎月しなければなりません。

月に数万円してしまうこともあります。

AGAの治療をしたいけど、そんなにお金かけたくない!という方は、オオサカ堂で購入してください。

オオサカ堂は、20年以上の実績がある香港の個人輸入代行業者です。

AGA治療で有名治療薬プロペシアのジェネリック薬品をたくさん取り揃えています。

説明したとおり海外では、ジェネリック薬品の普及率が高く、先発薬よりも多く使われているので商品の数もたくさん取り扱っているんです。

 

海外からの輸入なんて怖いと心配になっていませんか?

そんなことはありません。

 

オオサカ堂は、鑑定士による成分鑑定書もサイトにアップしていますので、正真正銘本物を取り扱っています。

しかも、日本のAGA専門クリニックで処方してもらう価格より半額程度で購入できるんです。

同じ効果が出るジェネリック薬品を安く購入するなら断然オオサカ堂での購入をおすすめします。

 

\オオサカ堂で一番売れている育毛セットです。/

プロペシアのジェネリック薬品とミノキシジルの大定番セットです。
この2種類を服用することでAGAの悩みをぶっ飛ばしましょう。

おすすめの記事